NEWS

By MEIJIKAN

『越谷喜隆 & 鹿田典夫 二人展』

2019年8月17日(土)~9月1日(日) 10:00~18:00 ギャラリーCHIGGO MEIJIKAN 2F 観覧無料   デジタルアート写真の分野で活躍されている越谷氏と、現在とても稀少になったゴム印画法に取組んでいる鹿田氏の写真展。 越谷さんは、あの「日産自動車のケンメリ(スカイライン)」の撮影を手掛けた写真家です。 今回は、とても印象深い風景写真を展示します。 また、鹿田さんは筑後に戻られて歴史ある実家の写真館を継いでいます。 若い時は、越谷さんのもとで活動され、現在は昔の写真技法に筑後の素材も使いながら作品表現しています。 どうぞお気軽にお越しくださいませ♪   【越谷 喜隆】 写真作家 1951年生まれ 写真家 岩宮武二氏に師事 岩宮写真事務所勤務 1982年 オフィストウキョウを設立 主にデジタルアート写真の分野で活躍しており、自然の風景からいかにアーティスティックな表現を生みだせるかをテーマに、独自の世界をデジタルアーカイブプリントで発表。 2006年 Beyond,, 個展  東京銀座

By MEIJIKAN

『宇美拓哉 作品展』記録

筑後市在住のアーティスト宇美拓哉さんの作品展。 今回は、大作を中心に展示しました。 期間中は、300名を超える皆様にお越しいただき、大変ありがとうございました。宇美さんもできる限り在廊し、来館者にも気軽に話しかけて、作者と見る側の貴重な接点になったようです。 人生の生き方やその時の心のありようをギリシャ神話をモチーフに表現している作品は、とても印象深いものです。 宇 美 拓 哉 1972年生まれ 日本美術家連盟会員 水彩連盟会員 (公社)福岡県美術協会洋画部副委員長 西部水彩画協会運営委員 久留米連合文化会洋画部部長 筑後市美術協会理事 ・カナダへ渡り、オンタリオ州オタワ市立美術学校にて絵画を学ぶ(1991年~1994年) ・美術活動の実績により、久留米市より芸術奨励賞を受賞(2006年) ・福岡県議会議長室に作品展示(2013年12月より1年間) ・久留米市美術館開館記念事業アート創作プロジェクトを担当(2016年) ・石橋文化センター情報誌「みどりのリズム」表紙画作成(2019年4月より1年間)   第1回アートアワード01  (東京美術倶楽部会館 / 東京)2010年 水彩連盟    (東京都美術館、 国立新美術館 / 東京) 水彩連盟賞(大賞)     2004年

MEIJIKANについて

九州・筑後で100年続く宿泊施設「明治館」。2017年にリノベーションを行い、1Fは本屋とカフェ、2Fはギャラリー(フリースペース)、3・4Fは宿泊施設にリニューアル。地域内外の様々な人たちの新しい交流の場をつくりました。筑後の伝統、文化、自然資源、物語を活かしながら、地域の皆さんと一緒にまちを元気にしていけたらと願っています。


商号/MEIJIKAN
代表取締役/徳永幸治
設立年月日/大正13年
住所/〒833-0031 福岡県筑後市山ノ井138−23
電話/0942-52-5353
mail/info@meijikan.jp



HOTEL

九州のアーティストが筑後に滞在し、筑後をテーマに制作を行った4つの客室『HOTEL ART IN』。シングルや研修、アクティビティにも柔軟に対応する『4B』。最大6名様までのご利用が可能な『ファミリールーム』がございます。

  • All
  • アーティストルーム
  • シングルルーム
  • ツインルーム
  • トリプルルーム
  • ファミリールーム